オール電化住宅の電気代節約の知恵

オール電化住宅で太陽光発電を積んでいないので、毎月いくら電気代を節約できるかはゲーム感覚で楽しんでいます。付き合わされる家族はたまったものではないかもしれませんが、1か月あたり1000円節約できるだけでも家計費としては大きいので協力してもらっています。

 

我が家はオール電化の契約で夜中の11時から朝7時までの電気代が格安です。

 

この時間にどれだけ電力をくう家電を使うことができるかに家計はかかっているといっても過言ではありません。というと大げさですが、具体的には電力をくうのはアイロン、ホームベーカーリー、炊飯器、洗濯乾燥機、除湿器、エアコン、IHクッキングヒーターといったところでしょうか。ドライヤーもできれば23時以降に使うように家族には言っています。

 

こうしたたゆまぬ努力が毎月1度の電気代の請求が来た時にハッピーな気持ちになれるかを左右します。

 

電力会社からの請求は前年の同月に比べて何パーセント使っているかという事も表記されています。そのため、増えている月はがっかりしますし、逆に減っていると喜びもひとしおです。

 

IHクッキングヒーターはかなり電力を消費しますので、煮物やゆで卵等は深夜早朝に作ります。

節約7
スープ類は沸騰させた鍋をタオルで包んで発泡スチロールの鍋に入れて1時間くらいたつとコトコトと煮込んだような味になります。いかにIHクッキングヒーターを長時間使わないかが電気代の節約には重要ですので基本煮込み系は沸騰させたらすぐに火を消して密封する方法をとっています。

 

又、熱伝導率の良い鍋を少し高くても使うことで結果的には電気代が安くなっていると感じています。

 

お風呂も追い炊きをせずに足し湯にしています。追い炊きは電力をかなり使いますが、足し湯なら深夜早朝にあらかじめ沸かしておいたお湯を足すだけですので電気の高い時間に無駄な電力を使わずに済みます。

 

午前10時から午後5時までは最も電気の高い時間ですので、なるべくその時間に調理はしません。

 

パスタをゆでなくてはならない時も細めのパスタでゆで時間を節約します。ご飯は炊かずに冷凍しておいたものを電子レンジで解凍しますし、お昼に丁度良い状態になるように1時間くらい前に冷凍庫から出しておく徹底ぶりです。